技術紹介

あらゆるニーズに応える先進の一貫体制。想像力、安全性、スピードの面で、他社にはない圧倒的な価値を提供します。

メイワの技術1 企画・デザイン

ないものを作ろう!
アイデアをカタチにする。

袋を開けずにチンできる「レンジでポン」は、「袋のままチンできたら、加熱調理がさらに手軽に簡単になるのに」という発想から生まれた特許製品です。今では一般的になりましたが、さらに一歩すすめ、素材を圧力鍋のように調理する袋に進化させました。試行錯誤を繰り返し、製品化しました。より多くの人の暮らしを便利にするために、様々な開発にチャレンジしています。

また、デザイン部門も何度も検討と試作を重ね、アイデアを具現化しています。優れたデザインというだけではなく、開発部門・製版部門と連携し、印刷・加工にも適したデザインでイメージ通りの仕上がりとなるよう努めています。米袋をはじめとし、幅広い分野のデザインを手がけており、市場分析による売れるデザインや、店頭販売方法から商品のデザインまでを含めたトータルなデザインプランニングなど、よりお客様に満足いただける商品づくりを目指しています。

メイワの技術2 蒸着・インフレーション

機能性の高いパッケージ素材を
独自に製造しています。

プラスチック表面に金属層を形成させる蒸着技術は、世界唯一の連続式真空蒸着機を導入しています。蒸着部のみが真空状態であるため、インラインコートも可能で、基材の種類、厚薄を問わず加工できます。

また、自社のインフレーション・フィルム製膜機でシーラントフィルムを製造しているため、植物由来の原料を使用したバイオポリエチレンフィルムや、引き裂き性を向上したML134など、さまざまな機能を持ったパッケージ素材を製造することができます。様々な層構成、サイズのフィルムが製造でき少量ロットから対応可能で、特殊グレードの開発から汎用品の製造まで一手にお引き受けします。

メイワの技術3 製版・印刷

より美しい印刷を施すために

細い線や細かい文字などに適したレーザー製版と、グラデーションやカラー写真などに適した彫刻製版、2種の製版方法を使い分けています。また、印刷時に使用するグラビアインキのノントル化対応をはじめ、安定した品質と納期対応でお客様からの評価を頂いています。印刷の永遠のテーマとされるドクター線、ヒゲ、汚れ、ツーツー汚れをセラミックドクターを用いて削減・撲滅に挑戦中です。

また、商品のカタチにフィットするシュリンク包装では、様々な形状の商品に沿って収縮させた後も、お客様のイメージ通りに仕上げます。印刷されたデザインにゆがみが生じないようにするには、経験が育んだ技術と感性が要求されます。独自のノウハウを駆使し、「こうすればもっときれいになる」というアイデアをデザイン・製版・印刷部門で連携することで印刷におけるトータルな品質を追求しています。

メイワの技術4 ラミネート・コート

国内のパイオニアとして
様々なニーズを解決してきました

私たちには、国内で初めて押出ラミネートに取り組んできた豊富な実績と多彩なノウハウが蓄積されています。例えば、医療器械の滅菌方法をオートクレープやガス滅菌から放射能滅菌へのシフトが国から推奨されています。通常の包装材を使って放射能滅菌をすると、特有の臭いや変色、変形など、さまざまな問題が起こります。私たちは、親しい医療器機メーカー様から「放射能滅菌に対応する包装材を工夫してほしい」との要望を受けたのは、競合他社が実情をまだ知らないごく初期の段階でした。すぐさま素材メーカーなどと共同研究をスタートし、開発したのが「カポラγ」です。

また、薄く均一性の高いコート加工も、私たちの得意とする技術です。シリコンコートや抗菌コート、脱臭剤コートなど、様々な機能をカスタマイズさせることができます。IT機器の生産分野で重宝される「導電性フィルム」の開発もそのひとつです。製版やコーティング方法など、さまざまな角度から検証し、試作を繰り返し、最適な製品を提供します。いままでに培った高い技術と経験で、さまざまなニーズに柔軟に対応します。「こんなことができるだろうか」という疑問があれば、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

お見積のご依頼、カタログ・サンプルのご請求、提案・試作のご依頼など、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ

メイワパックス